コーヒー焙煎機で生豆から手作りしてみる 無料焙煎指導の 〜横濱 自珈亭〜 本店

 

家庭焙煎コーヒー 自珈亭のTOPページ
サイトマップへ
お買物はこちら⇒ 焙煎・ローストする 生豆を選ぶ 挽く・グラインドする 淹れる・ドリップする ちょっとよい小道具
お買物方法

コーヒー生豆厳選リスト
〜 スペシャリティコーヒーからさらに厳選 美味コーヒー生豆 元祖!! カップテースティング情報公開 〜
マンデリン
ブルーリントン
 エチオピア
グジ・シャキソG1
ブラジル・ブルボン
サンタアリーナ
ブラジル・ブルボン
アマレロ・ナチュラル
コロンビア
アンデスコンドル
グァテマラ
ラ・タシータ
ドミニカ
カフェアタベイ
エクアドル
ナチュラレッサ
タンザニア
ニティン
コーヒー生豆は、売切れ銘柄がグレーアウトしていますm(_ _)m    生豆合計 1kg以上のご注文で送料無料!!



強力な香りのマンデリンの厳正選別品!! 絶品評価!!
銘柄 : マンデリン ビル セレクション 2010-2011クロップ
MANDHELING BIRU SELECSI
特に大粒のスクリーンを選別、
通常のG1の2倍の手間をかけた選別をした、スペシャルのセレクト品!!





【自珈亭より】
コーヒー栽培の盛んなインドネシアですが、そのほとんどはロブスター種であり、そもそもアラビカ種の生産量は少ない国です。ここ近年では、混ざり物のないマンデリンは数えるほどと言われ、それだけに本銘柄の純粋さが更に輝きを増すのです。

マンデリンらしい、濃緑色の豆面。丁寧に繰り返される精製工程と生豆選別が香味に表れます。

エスプレッソやアイスコーヒーに欠かせないといわれる程、強くチョコレート感の高い芳香と強い甘味とコク。その最高峰のコーヒーをご賞味ください。
当銘柄のご紹介

●●マンデリン ビルセレクション●●
原産国
インドネシア
日本での一般的名称 マンデリン
豆 品種 ティピカ100%
精製工程 天日乾燥
産地標高表示 1200〜1500m
特別分類 スペシャルティコーヒー

近年、天候や天災が続いていたインドネシアスマトラ島の北、スマトラ州のリントン・ニフタ地域と、アチェ特別州周辺のタケンゴン地域で栽培されている、ティピカ種100%の非常に希少なマンデリンです。

好評だった取扱い銘柄の「トバブルー」の精製ハンドピックを約2倍行った超厳選銘柄です。また、輸送・保管にもこだわり、定温コンテナを用いて輸入され、夏場は定温倉庫で保管し、品質の劣化を抑える惜しみない努力をしています。

エスプレッソのブレンドコーヒーの主な銘柄としても用いられるこの地域の銘柄。ビルセレクションも多聞にもれず、深い焙煎でこそその真価を発揮し、驚きと感動を皆さまに感じさせてくれるはずです。強力なアロマとフレーバーを
お愉しみください。


= 生豆って =
 
 農産物なのです。
 だから購入ロット毎に
味を確かめる
必要があるのです

 今回実際仕入れる豆も
サンプルテースティングと、
販売用豆とは、
異なった味わいでした

 今購入する豆の味を知る。
 自珈亭では、
とても重要なことだと
考えるのです。

当店生豆のご感想
お客さまよ



自珈亭 コーヒー生豆のメニュー
コーヒー生豆の選択
コーヒー生豆を
香味から選ぶ
コーヒー生豆を
飲み方で選ぶ
コーヒー生豆を
産地から選ぶ
自分コーヒーの推奨と、コーヒー作りの楽しさ
自珈亭の
生豆のこだわり
生豆でコーヒーを
買う優位性
生豆から珈琲を
作ってみる
欠点豆の
ハンドピック
フェアトレード
コーヒー



販売ロットの『テースティング(試飲)情報』

●●マンデリン ビルセレクション●●
2011年1月入港のロット
2011年5月より販売


実際の納入ロットから抜取り撮影 入荷時の撮影です

== 欠点豆10% すこし多く感じる銘柄 ==
 マンデリンとしては、欠点豆が少ない類に入る良質の銘柄ですが、ほとんどのお豆の端に軽度の割れがあること、傷が見られることから、本当の欠点豆を探すのが難しいです。カビ豆、完全に裂けた異形豆、虫食い豆、小さいまたは萎縮してしまっている豆をはずし、その他は残します。
 後は焙煎後のハンドピックで、選別していきます。
テースティング条件
焙煎後
2〜3日目
ドリッパー コーヒーバネット
豆の挽き具合  中細挽き 
ドリップ濃度 気持ち薄め

【お豆の概況】 ’11年5月コメント
 すばらしい香味に圧倒されるマンデリンではありますが、一般的には大変欠点豆混入率が高い銘柄です。このビルセレクションも、当店の他の銘柄に比べ、割れ・欠けが間々見当たるため、欠点豆を多く感じさせます。とはいえ、健康を害する欠点豆だけ取り除くと左記の通りの混入率で、精製行程での二度のハンドピックの効果が出ているのだと思います。

 この銘柄はとても大粒なのが特徴です。しかしながら、今年のロットは気難しさは感じにくい印象があります。少しの加熱の差で焙煎時間が変化しますが、大きな失敗が出るようなことはなさそうです。余熱をきちっとすることが肝心です。

入港より少し時間を置いているので水分がかなり安定しています。コツをおさえれば大丈夫。 下記の「総評・コメント」をよく読んで焙煎に臨んでくださいね。

上級者の方であれば、1ハゼが落ち着いてきたところで少し加熱を落とす調整をすると、相当に上手に焙煎できることでしょう。

生豆でコーヒーを買うと
何かいい事あるの?


下記は、出荷開始時点での焙煎香味評価です。
時が経つにつれ、水分含有量が変わってきますので香味に若干の変化が出てきます。
評価得点は 数値が大きいほどその味が強いことをあらわします。アイスコーヒー評価は、急冷却式にてテースティングを実施。

「総合」の評価のみは、数値が大きいほど、自珈亭ティスターが「美味しい」と思ったことを表します。

実際の画像
煎り止め
の目安
焙煎度
嗅ぐ
香り
含み
香り

酸味

苦味
えぐ

甘味
コク
深み

キレ

総合
2ハゼ
少し前
フルロースト

口腔内をサッと通り過ぎるような、さわやかな酸味と深味を感じるを感じる焙煎度
4.5 5 4 2 2 2.5 3.5 3 4
3.5 4 3 2 2.5 2.5 3 2.5 3.5

2ハゼ
始まって
すぐ
フルシティロースト

軽い酸味ですっきりしているのに、重厚な香味を楽しめる高い評価の焙煎度
4.5 5 2.5 3 2.5 3.5 4 3.5 4.5
4 4 2.5 2.5 3.5 3.5 3.5 3.5 3.5



4 4.5 2 3 1.5 3 4 4 4.5

2ハゼ
最中
中程
フルシティロースト
脂大目

重厚な香りと深味、アイスコーヒーでも絶品の、すばらしいバランス感覚の焙煎度
5 5 2 3 1.5 4 5 4 5
3.5 4.5 2 3.5 2 3 4 3 3.5



4 4 1.5 2 1.5 4 4 3.5 5

2ハゼ
完全に
完了後
フレンチロースト
脂多目

ビターなのに、強い甘みでとろっとした口当たりの焙煎度。アレンジコーヒーやエスプレッソに 
5 5 2 4 2.5 4.5 4.5 4 4.5
4.5 4.5 2 3.5 2 4 4 3 4.5


3.5 4.5 1.5 3.5 2 4 4.5 3.5 5
アイスコーヒー評価は、急冷却式 にて実施


焙煎情報
チャフ量 とても少ない
ハゼ音ガイド 1ハゼ目: プス・・・ ポス・・・・ ポンッ と元気がない
       元気なハゼの時は、加熱過多の恐れがあり
2ハゼ目:  パチプチパチプチ と元気
焙煎時間ガイド 周囲温度        : 23℃
スタート〜1ハゼ目  : 2.5〜3.5分 前後
1ハゼ〜2ハゼ目   :  20〜30秒 前後

総評・コメント ※'11年5月の書き込みです
 まずは、焙煎の際の余熱をきちっと行いましょう。

 お豆が大きく鮮度も高いので、蒸らしの工程をじっくりと中まで熱を通し、水分を均等に抜くことを心がけましょう。また1ハゼがパンパンと激しい音でこないので、焦らず聞いてあげることが肝心です。火力をあげすぎて、芯まで熱が通らない、外側ばかり焙煎が進み焦げ臭が出るなどの症状が出ないように気を付けて焙煎を進めましょう。

蒸らしの際の、湯気、煙の出方をしっかりと見て蒸らし工程の終わりを見極めます。
1ハゼと2ハゼが、近接する傾向があり、1ハゼの音に元気がない点。そして、焙煎尺の変化が着きにくいことから、煎り止めポイントを難しくする傾向があります。
ハゼ音の聞き分けをしっかりとすること。
そして、手に伝わってくる焙煎器の熱さを意識して感じ取り、微妙な過熱管理をしっかりと行いましょう。

少々特徴のある焙煎の進み方をしますが、一度そのタイプを感じ取れればそれほど難しいものではありません。銘柄の特性としても、2ハゼが始まってからのタイミングを合図として、ここ以降からがこの銘柄らしい香味を表現できる適正焙煎度になります。よって香味作りも苦労はありません。自信を持って焙煎に挑んでください。

とにかく強力な芳香と苦味と深味(コク)の中に、焙煎度に応じて酸味か甘みがハーモニーを造ります。エスプレッソコーヒー店的な香りというよりも、貴賓を感じる強力な芳香と、重厚で深味のある味わいの高品質希少銘柄の世界を、ご堪能いただければ幸いです。


自珈亭推奨焙煎度
ホット珈琲に 幅広い焙煎度で、納得の香味を堪能できることでしょう。
2ハゼが始まって間もなくの焙煎度あたりで、酸味感と甘み感の切り替わりポイントがあります。

酸味の領域でも、上品で口腔内に残らない酸味は、この銘柄の酸味特徴であり、高品質コーヒーの"味"だいご味です

ニハゼ以降が適している領域です。
ニハゼが激しくなる"中程"に、絶品の領域があります。
ここを境に、さわやか系とビター系に分かれます。今年物はどちらも楽しめますよ(^^)v

絶品評価を連発したコーヒーを、ペーパードリップ、エスプレッソ、オ・レと様々に楽しんでくださいませ♪♪

のんびり飲んで
冷めそうな時
冷めるとバランスが少々平坦にになりますが、案外美味しさを保つ傾向にあります。結構ゆったりと飲めるコーヒーです♪♪

アイス珈琲
カフェ・オ・レに
強く芳ばしい香り、しっかりとした苦味と分厚いコク感、。
深くても焦げ苦さではなく、アイスコーヒーやエスプレッソなどに欠かせない香味とされる、この地域のコーヒーの最高峰と言える香味です。
今年のビルセレクションも、すばらしい出来栄えです。

2ハゼが激しくなりきって一息余裕をとった程度の2ハゼ中程の焙煎度で淹れたアイスコーヒーを、是非ともご賞味ください。また、深いほどにインパクトのある苦味が、ア・ラ・カルトコーヒーをもりあげてくれるはずですよ。



サンプル豆当選のプレミアム会員さま、お客さまの一言 (ちょっと古いですが09年度ロット感想)
強烈だけれども高貴な香で後味に僅かな酸  1ハゼがキリマンジャロルカニほど明確に始まらないので、気難しい印象がありましたが、焙煎中の香がものすごくいいです。
2ハゼの中ほど煎り止めとしましたが、強烈だけれども高貴な香で後味に僅かな酸を感じました。マンデリンで酸を感じたのは初めてでした。

(H.Kさまより)
瓶に保管しますが、それを嗅ぐとクラクラっと サンプル豆をありがとうございました。遅くなりましたが、お豆の印象など、送ります。

 ざっと見て、4粒ほどハンドピックしました。焙煎度合いは、2ハゼが活発になったところで終了。焙煎3日後に試飲しました。焙煎中に感じたのですが、貴賓があると表現するのでしょうか、とてもいい香りです。焙煎した豆を瓶に保管しますが、それを嗅ぐとクラクラっときます。

 飲んだときの味は、苦味と酸味を感じました。甘みはあまり感じませんでした。香り高くて、ビターな味が特徴だとすれば、それをできるだけ引き出すような焙煎、淹れ方を見つけたいと思います。
上品な苦みと
ほのかな甘さと
コクがいいバランス
自珈亭様
サンプル豆ありがとうございます。
大好きなインドネシア豆。今回のマンデリンも素晴らしいですね。
 
☆2ハゼ最中中程で焙煎☆
強くて深い香りは、さすがマンデリンって感じ♪
上品な苦みとほのかな甘さとコクがいいバランスで美味しいですね。
ゆっくり飲んで冷めてきても、美味しく飲めました。
余韻も優雅な香りで良かったです。
 
生豆も、インドネシアの豆にしてはキレイな豆です。
焙煎中もチャフが少ないので、後片付けが楽ですね。 
今回のマンデリンも、インドネシア豆好きなら楽しめますね(^-^)

適度な苦味、
まろやかなコクと
深い香り
サンプル豆ありがとうございました。
少し遅くなりましたが、感想を遅らせていただきます。

2ハゼが完全に終わるぐらいの深煎りで淹れ、飲んでみました。
チャフの量は普通です。“総評・コメント ”を参考に煎ったお陰でしょうか、一ハゼ、二ハゼもわかりやすく比較的煎り易い豆でした。

適度な苦味、まろやかなコクと深い香りで、とてもおいしかったです。
新豆なので色もきれいな深緑でよかったです。

自珈亭から
いつも、ご愛顧いただきありがとうございます。
お褒めいただき光栄です。今年のロットはかなりよい出来栄えだと思います。
コーヒーって自然食材なんだなぁって、改めて感じますよね〜



販売情報
商品名
マンデリン  (の略称で結構です)
自珈亭 販売価格
  
最小注文量100g以上で、50g刻みでお承ります。
 
通常品      50g当たり\160 (税込)送料別
送料の目安
宅配便 :60サイズ
定形外郵便取扱商品
定価以外郵便では、紛失・事故などの責任は負いかねます。

お買い得情報
■1s以上送料無料サービス
 どの銘柄でも、数種類の銘柄をあわせたとしても、1kg以上の
 生豆ご購入の際は、送料をサービスさせていただきます。
■2s以上の大量購入 ご相談ください
 お友達との共同購入他、s単位での大口定期購入をご希望の方、
 まずはご相談くださいませ。
【ご連絡】 自珈亭ならではの 送料無料のサービスの適用ケース
生豆 1,000g以上のご注文
上記生豆量を含む、送料無料対象商品 
が一回のお買物に含まれる
場合
購入代金 \10,000以上のお買物 
のどれかの場合です。他店にはないこのサービスを是非ともご活用ください!!
ご注意
食材商品であるため、商品発送後のキャンセル・返品はお受けできかねることがあります
ご一報ください。
その他の販売銘柄は頁上部のリストからどうぞ


こちらも合わせて、ご利用くださいませ
【生豆の保管に】
生豆保管の麻袋ヘンプバックのページへ
生豆は水分を含んでいます。
通気性の良い麻袋での保管が
おすすめです。
【焙煎豆の保管に】

コーヒーフリークとしては、
焙煎度が見えるガラスでかつ
密閉出来るものが必要と考えます


【ロット毎販売にあたって】
自珈亭の生豆は、仕入れロットごとに切替えるロット毎販売です。ご注文(予約)は、連絡をいただいた順に、引き当てさせていただきます。

注文許容量を超えたオーダーにつきましては、次のロットが同じ味の生豆とは限りませんので、改めて自珈亭よりご連絡の上、お客様と相談させていただきますので、ご了承くださいませ。


ご自身で生豆を選択して
ほんとの自分珈琲を
ステップアップしてみましょう


生豆販売のTOPページに戻る
 

自珈亭のTOPに戻る


コーヒー焙煎機で生豆から手作りしてみる 無料焙煎指導の 〜横濱 自珈亭〜 本店
 =自珈亭WEB本店= 自珈亭Yahooショッピング店 商取引の法律に基づく表示  お買物方法  Produced by 自こう亭坊然
著作権:自珈亭のホームページに掲載、または掲載されていた文章・画像・映像の全ては、自珈亭に帰属しています。無断転載・転用を固くお断りいたします
文字サイズを小に設定すると、行組みがきれいに見えます Sorry, only Japanease Site. Copyright(c)2002-2016 Jikohtei. All rights reserved.