コーヒー焙煎機で生豆から手作りしてみる 無料焙煎指導の 〜横濱 自珈亭〜 本店

 

家庭焙煎コーヒー 自珈亭のTOPページ
サイトマップへ
お買物はこちら⇒ 焙煎・ローストする 生豆を選ぶ 挽く・グラインドする 淹れる・ドリップする ちょっとよい小道具
お買物方法

コーヒー生豆厳選リスト
〜 スペシャリティコーヒーからさらに厳選 美味コーヒー生豆 元祖!! カップテースティング情報公開 〜
マンデリン
ブルーリントン
 エチオピア
グジ・シャキソG1
ブラジル・ブルボン
サンタアリーナ
ブラジル・ブルボン
アマレロ・ナチュラル
コロンビア
アンデスコンドル
グァテマラ
ラ・タシータ
ドミニカ
カフェアタベイ
エクアドル
ナチュラレッサ
タンザニア
ニティン
コーヒー生豆は、売切れ銘柄がグレーアウトしていますm(_ _)m    生豆合計 1kg以上のご注文で送料無料!!


コーヒーとは縁遠そうな、中国のお茶の産地よりお届けします!!
特長高い香りと通り抜けるかのようなフルーティさ♪
お茶の世界名産地である中国から加わりました§^-^§

 このロットは売り切れとなりました。引き続き2005年クロップをテスト中
銘柄 : 中国 雲南省 思茅AA 2004
CHINA YUNNAN SUUMAO AA

【自珈亭よりご連絡】
中国におけるコーヒー栽培は100年程前にキリスト教の伝道師が自ら飲用にコーヒー苗を持ち込んだのが起源といわれています。最初は台湾・海南島で栽培が行われた後、1908年アラビアより華僑が雲南省にコーヒーを持ち込んだとされています。試験的に栽培が行われたのが第2次大戦後であり、当時は評価されるようなコーヒーではなかったと聞きます。ところがお茶と名の付くものほとんど全ての原産地と言われる中国。本腰をいれた栽培が始まったところ、僅か10年足らずという短期間の間に、世界のグルメコーヒーと足並みを並べてしまったのです。



当銘柄のご紹介

      ●●中国雲南省 思茅AA●●
原産国
中国
スクリーンサイズ表示 AA
日本での一般的名称 中国雲南シモン
産地表示 中国雲南省
思芽(スーマオ)市
豆 品種 ムンド・ノーボ (スマトラ×ブルボン)
精製工程 ウォッシュト (水洗式)
特別分類 思芽コーヒー 最高級

近年急速に品質を高めてグルメ珈琲の仲間入りを果たしました。以前の中国珈琲のロブ的な面影は なく、中南米の優良品と肩を並べるほどの品質を実現しています。 強い甘みとさわやかな酸味が織り成す他にはなかなか無い香味のすばらしいコーヒーです。

日照・土壌・昼夜の温度差に恵まれた雲南省は、3000t〜5000t という限られた出荷数により、アジアの幻とも呼ばれる銘品となっています。特長ある風味と、フルーティな味わい、そして浅く煎っても濃い色で落ちる、特色ある逸品です。

豆面は、マンデリンやトラジャなど、インドネシア系の深く黒っぽい色のグリーンビーンズで、スマトラ(マンデリン系)の血筋を強く感じる見栄えに雰囲気があります。

シモンやシフォンなどと日本語発音で呼ばれるこの銘柄の中国語の発音は、「スーマオ」だそうです。

= 生豆って =
 
 農産物なのです。
 だから購入ロット毎に
味を確かめる
必要があるのです

 今回実際仕入れる豆も
サンプルテースティングと、
販売用豆とは、
異なった味わいでした

 今購入する豆の味を知る。
 自珈亭では、
とても重要なことだと
考えるのです。


当店生豆のご感想
お客さまよ




自分珈琲を創り出す
手焼き家庭焙煎の
魅力


自珈亭 コーヒー生豆のメニュー
コーヒー生豆の選択
コーヒー生豆を
香味から選ぶ
コーヒー生豆を
飲み方で選ぶ
コーヒー生豆を
産地から選ぶ
自分コーヒーの推奨と、コーヒー作りの楽しさ
自珈亭の
生豆のこだわり
生豆でコーヒーを
買う優位性
生豆から珈琲を
作ってみる
欠点豆の
ハンドピック
フェアトレード
コーヒー



販売ロットの『テースティング(試飲)情報』

●●中国雲南省 思茅AA●●



実際の納入ロットから抜取り撮影
テースティング条件
焙煎後
3日目
ドリッパー コーヒーバネット
豆の挽き具合  中細挽き 
ドリップ濃度 気持ち薄め

【お豆の概況】
マンデリンのような、どす黒いグリーンの生豆は、含水量が多いことを物語り、その分間違いなく焙煎に時間を要します。スクリーンは、AA=大粒となっていますが、他国産と比較すると、程よい中間サイズのイメージです。

時間を要するからといって、いたずらに火力を高めるなど焦ってはいけません。じっくりと窯の熱さを軍手をとおして確かめながら、いつもと同じ窯の熱さが維持できる火力をピンポイントで探り、火力を維持して最後まで煎りあげましょう§^-^§

焙煎後、数時間もすれば、どれだけ素性の良いお豆かどうか、すぐに解って頂けるはずです。



== 欠点豆は少な目のロットです ==


評価得点は 数値が大きいほどその味が強いことをあらわします。
「総合」の評価のみは、数値が大きいほど、自珈亭ティスターが「美味しい」と思ったことを表します。
アイスコーヒー評価は、急冷却式にて実施

実際の画像
煎り止め
の目安
焙煎度
嗅ぐ
香り
含み
香り

酸味

苦味
えぐ

甘味
コク
深み

キレ

総合

1ハゼ
終了後
ハイロースト

このロースト度合いでも、色濃く落ちるコーヒーが不思議です。
4 4 3.5 2.5 1 4 2.5 3 3.5
3 3 4 2 1 4 3 2.5 3.5


3 3 3.5 1.5 1 3 2 2.5 2.5

2ハゼ
少し前
シティロースト

香りが増してくる様子がわかります。これに伴い全体のバランスが整いだし、コクが感じられるようになってきます。
4 4.5 3 2.5 1 4.5 4.5 3.5 4.5
3 3.5 3.5 2 1 4.5 3.5 3 3


4.5 3.5 2.5 2 1 4.5 2.5 3 3.5

2ハゼ
始まって
すぐ
シティロースト

フルーティさを伴う香りがグンと増します。アイスコーヒーにするとカラメル臭が感じるくらい甘みが強いのですね。
4.5 5 3 2.5 2 4.5 4 3.5 5
3.5 3.5 3 1.5 1 4 4 3 4


5 4 2 2.5 1.5 4.5 3 3.5 4

2ハゼ
最中
中程


うっすら
脂が浮く
フルシティロースト
深め

酸味が納まってきます。その分直接感じない位の苦味が香味を支えます。コク感は続きますが、この手前の焙煎度とは違う香味です。
3.5 4 1 3 1.5 5 4 3.5 4.5
3.5 4 1 2.5 1 4 4 2.5 4.5



3 4 1 2.5 1 4 3 4 4.5

2ハゼ
完全に
完了後
フレンチロースト


甘みがローストによりマロミ感に変わってきます。
3.5 3.5 1.5 3 1.5 5 4 4 4.5
3.5 3.5 1.5 3 1.5 5 4 2 4.5


3 3.5 1 2.5 1 4 3 4 4.5
アイスコーヒー評価は、急冷却式 にて実施

焙煎情報
チャフ量
極少
ハゼ音ガイド
1ハゼ目:
パチッポンポンプスッ
2ハゼ目:
パチピチピチピチ
焙煎時間ガイド
周囲温度
: 23℃
スタート〜1ハゼ目 : 5分〜6分程
1ハゼ〜2ハゼ目 : 3分〜4分程


総評・コメント
苦味が抑えられた強い甘みの中に、さわやかなアップルかのようなフルーティな酸味が通り抜ける、なんともすばらしい香味のコーヒーです。この酸味を強い甘みが丸く包み込み、浅煎りでも決して刺すような酸味が出ることはありません。そして、浅煎りからでもなぜか色濃いしっかりとしたコーヒー色にドリップされます。

中煎りの段階では、香り、甘み、酸味、コク、キレ のバランスがすばらしいです。コーヒーの「酸味」に間違った解釈をされている方が多い昨今、酸味が苦手な方にこそ、是非とも一度味わっていただきたい銘柄です。りんごに例えられるような良好な香りと、口に残る甘み、優しい苦味とのハーモニーによるコクの中を、フルーツの香味を伴った酸味感が鼻からフッと抜けて通り過ぎていきます。他の銘柄では味わうことの出来ない香味と言えると思いました。


自珈亭推奨焙煎度
ホット珈琲に
2ハゼ直前、又はひとつでも2ハゼが始まったところが、各種香味のハーモニーが織り成すポイント。この思茅ならではの香味を、是非ともこの焙煎度でご賞味ください。

のんびり飲んで
冷めそうな時
冷めて強調される酸味が残らない比較的深めの焙煎度、つまり深めの焙煎度のほうが飲みやすくなります。ですが、甘みは冷めても消えることはありませんので、他の酸味の強いコーヒーとは全く異なり、ホットコーヒーとあまり変わらない感じがするはずです。

アイス珈琲
 カフェ・オ・レに
香りとコクが強い力を発揮しながら重なる焙煎ポイントがないので、ストレートでの満足は難しいかもしれません。深めの焙煎度に、香り系の銘柄をブレンドすると、この銘柄ならではの苦味と甘みの厚みが加わり、最高のアイスコーヒーが出来上がります。甘みで底支えするペルーなどの銘柄とのブレンドは避けたほうが良いかと思います。



プレミアム会員様からの一言
中国にこんな豆があるとは、びっくりです。
 
早速、焙煎し試飲いたしました。
中国の豆とは珍しいですね。1ハゼから2ハゼまでが少々時間がかかったような気がします。また、1ハゼ、2ハゼとも威勢の良いハゼ音がしましたが、ハゼ音自体は少なめでした。2ハゼ途中で煎り止めしました。

苦味、香味とも、バランスがとれていて、堂々としたコーヒーの王道をいくような豆ですね。中国にこんな豆があるとは、びっくりです。近々、また注文いたします。
自珈亭から
 喜びの感想、ありがとうございます。ちょっと高度な技術をご案内しますね。
一ハゼまでをいつもより「僅か」に弱い火力で長めに蓋をして焙煎します。
一ハゼが始まったら、いつもの火加減にしてみてください。いい具合に煎りあがると思いますよ。





販売情報
商品名
中国シフォン  (の略称で結構です)
中国シフォン ハンドピック
自珈亭 販売価格
  
最小注文量100g以上より、50g刻みで承ります。
 通常品       50g当たり ¥130 (税込)送料別
 ハンドピック済み  50g当たり ¥180
 (税込)送料別
送料の目安
宅配便 :60サイズ
定形外郵便取扱商品
定価以外郵便では、紛失・事故などの責任は負いかねます。

お買い得情報
■1s以上送料無料サービス
 どの銘柄でも、数種類の銘柄をあわせたとしても、1kg以上の
 生豆ご購入の際は、送料をサービスさせていただきます。
■2s以上の大量購入 ご相談ください
 お友達との共同購入他、s単位での大口定期購入をご希望の方、
 まずはご相談くださいませ。
【ご連絡】 自珈亭ならではの 送料無料のサービスの適用ケース
生豆 1,000g以上のご注文
上記生豆量を含む、送料無料対象商品 
が一回のお買物に含まれる
場合
購入代金 \10,000以上のお買物 
のどれかの場合です。他店にはないこのサービスを是非ともご活用ください!!
ご注意
食材商品であるため、商品発送後のキャンセル・返品はお受けできかねることがあります
ご一報ください。



こちらも合わせて、ご利用くださいませ
【生豆の保管に】
生豆保管の麻袋ヘンプバックのページへ
生豆は水分を含んでいます。
通気性の良い麻袋での保管が
おすすめです。
【焙煎豆の保管に】

コーヒーフリークとしては、
焙煎度が見えるガラスでかつ
密閉出来るものが必要と考えます


【ロット毎販売にあたって】
自珈亭の生豆は、仕入れロットごとに切替えるロット毎販売です。ご注文(予約)は、連絡をいただいた順に、引き当てさせていただきます。

注文許容量を超えたオーダーにつきましては、次のロットが同じ味の生豆とは限りませんので、改めて自珈亭よりご連絡の上、お客様と相談させていただきますので、ご了承くださいませ。


ご自身で生豆を選択して
ほんとの自分珈琲を
ステップアップしてみましょう


生豆販売のTOPページに戻る
 

自珈亭のTOPに戻る


コーヒー焙煎機で生豆から手作りしてみる 無料焙煎指導の 〜横濱 自珈亭〜 本店
 =自珈亭WEB本店= 自珈亭Yahooショッピング店 商取引の法律に基づく表示  お買物方法  Produced by 自こう亭坊然
著作権:自珈亭のホームページに掲載、または掲載されていた文章・画像・映像の全ては、自珈亭に帰属しています。無断転載・転用を固くお断りいたします
文字サイズを小に設定すると、行組みがきれいに見えます Sorry, only Japanease Site. Copyright(c)2002-2016 Jikohtei. All rights reserved.