コーヒー焙煎指導と生豆通販 〜横濱 自珈亭〜
家庭焙煎コーヒー 自珈亭のTOPページ
サイトマップへ
お買物はこちら⇒ 焙煎・ローストする 生豆を選ぶ 挽く・グラインドする 淹れる・ドリップする ちょっとよい小道具
お買物方法

〜 自珈亭が選んだコーヒーミルたち 〜
電動式はこちらを選択 手廻し挽き式はこちらを選択
フジローヤルのみるっこD.X
電動の実力No.1
フランス プジョー伝統の手挽きコーヒーミルの
二重螺旋臼方式を発明したのは
プジョー社のミル
プロペラ式
はこちら
販売休止中
ポルトガル ブリエル社
販売完了
ドイツ ザッセンハウス
ザッセンハウス社は更生法にて復活




自分で挽く入門者に好評のプロペラ式グラインダーは、
多少上下をに振りながら挽くのに持ちやすい≠アとがひとつのポイントです

家庭での自分珈琲に欠かせない必需品コーヒー器具 コーヒーミル
  電動コーヒーグラインダー(プロペラ/羽根式ミル) CM-50  
〜 焙煎豆を淹れる直前に挽く 美味しいコーヒーを飲むためは絶対欠かせない 〜
 


おうちで飲む自分珈琲″りをよく考えてみると、そのキーとなる器具があります。それがコーヒーグラインダー(ミル)。こだわった淹れ方、こだわった豆、こだわった焙煎、それらの全てはこのコーヒーグラインダー(ミル)をなくして語れないのです。

このKalitaのプロペラ式ミルは、リーズナブルなプライス設定から、コーヒー入門者の方にとても好評です。どうしても挽きムラが生じてしまうプロペラ式の挽くコツは、廻しながら上下に軽く振ること良好な挽き加減が実現します。

だから持ち易い形状の、ティアドロップ(涙形)筒型コーヒーミルをご案内しています。

自分珈琲を創り出す
手焼き家庭焙煎の魅力
をご存知ですか?

方式
プロペラ式(回転刃式)
製造元
Kalita(カリタ)
品名 電動コーヒーミル CM-50 ホワイト
自珈亭価格

送料の目安
宅配便 :80サイズ
定形外郵便では、発送できません
詳細 こちらをクリックすると、商品仕様が書いてあるところに飛びます


概要

手頃な価格で、比較的コンパクトなコーヒーミルです。
ますば「挽き立てを味わってみたい」という、入門向けのミルです。

入門向けとしていますが、とにかく「挽きたて」の美味しさは、粉にして買ってきたコーヒーとは雲泥の差がでますよ。投資額を少なく十二分に機能を果たすこの方式は長年愛用されているロングセラー型です。

長所 * 安価で手軽
* ボディが小さい
短所 * 粗めに挽こうとすると均一に挽きにくい
* 狙いのメッシュ(微細度)にしにくい
* 思ったよりも粉に熱を帯びやすい
* カッティングミルほどの発熱抑制はない






ちょっと
   アドバイス
言わずと知れたコーヒー器具のブランド「カリタ社」の、プロペラ式コーヒーミルです。

プロペラ式の弱点の挽きムラの軽減の方法として、挽くときにミルを手でもって軽く上下に振りながら挽くとよいです。

でも、そうしちゃうと今度はどのくらいの挽き加減かわからなくなってしまいますので、慣れるまで挽きのこだわりを出すのはちょっと難しいです。

でも、手軽で安価なのがこの方式の魅力ですので、とにかく「挽きたて」の美味しさをまずは感じて欲しいと思います。

仕様

材質 主材質:プラスチック製
刃:   金属製 
一度に挽ける容量 目安:4杯分。
ホッパー容量:最大 約50g
電源 消費電力 100V 50/60Hz   115W
連続使用定格時間 50gを挽く時間 約15秒
サイズ
幅 99mm
奥行 82mm
高さ 170mm
メーカー保証 保証期間はお買い上げの日から1年間。故障が発生した場合は、メーカーさまのサポートで安心です。

(株)カリタ
保障期間中のアフターサービスは、取扱説明書に記載のカリタ営業所にお問い合わせください。

 メンテナンスセンター家庭用品部
 TEL 044-733-4820  FAX 044-733-3922
自珈亭の
  仕様補足
プロペラ式はミルは、挽き粉の粒子にムラが出てしまいます。
これを削減する方法は、挽きながらミルを振ることです。
CM-50は、手になじむ涙形をしています。

ご注意 メーカー推奨上では、回転中に振ることは、推奨使用方法ではありません。
強く振るなど、メーカー推奨外の行為は、故障保障対象外となりますので、お客さま判断でお願いします。あくまでも、丁寧に・・そっと上下してくださいね。

自分珈琲の
  ワンポイント

なぜ手挽きコーヒーミルでなく電動式を選んだか?

手挽きコーヒーミルのほうが風情があってマニアックな感じがしますよね。だけど、たくさん挽くと疲れちゃうんですよね。ずぼらな自珈亭は、飲むときには、淹れることと飲むことに集中して美味しい珈琲を飲みたいなと思ってしまいました。だから自珈亭自身は電気式を選びました(^^ゞ

ただ・・ここ最近みなさまからのリクエストが多い、手挽きコーヒーミルも、扱ってみようかと検討中です。やはりザッセンハウスのこだわりが気になりますね。やっぱり良いですものね。あのアンティークな雰囲気と損なわれない香味はやはり気にせずにいられません(^-^) そして、最近気になっているのは石臼かな・・

ま、自珈亭自身、多分みなさまと同様「珈琲飲みたい」と思ったら待ったなしなのです。お湯を沸かしている間に、電動ミルで挽き、ドリッパーのセッティングとカップを準備する。ちょうど良い時間なんですよね。



〜 自珈亭が選んだコーヒーミルたち 〜
電動式はこちらを選択 手廻し挽き式はこちらを選択
フジローヤルのみるっこD.X
電動の実力No.1
フランス プジョー伝統の手挽きコーヒーミルの
二重螺旋臼方式を発明したのは
プジョー社のミル
プロペラ式
はこちら
販売休止中
ポルトガル ブリエル社
販売完了
ドイツ ザッセンハウス
ザッセンハウス社は更生法にて復活


自珈亭のTOPに戻る

コーヒー焙煎指導と生豆通販 〜横濱 自珈亭〜 家庭焙煎通信教育とコーヒー器具販売
 =自珈亭WEB本店= 自珈亭Yahooショッピング店 商取引の法律に基づく表示  お買物方法  Produced by 自こう亭坊然
著作権:自珈亭のホームページに掲載、または掲載されていた文章・画像・映像の全ては、自珈亭に帰属しています。無断転載・転用を固くお断りいたします
文字サイズを小に設定すると、行組みがきれいに見えます Sorry, only Japanease Site. Copyright(c)2002-2016 Jikohtei. All rights reserved.