家庭焙煎コーヒー 自珈亭のTOPページ
サイトマップへ
お買物はこちら⇒ 焙煎・ローストする 生豆を選ぶ 挽く・グラインドする 淹れる・ドリップする ちょっとよい小道具
お買物方法

お家で美味なコーヒーを淹れるためのステップアップの色々をご案内
生豆にこだわって美味しい珈琲を淹れよう
ドリップ方法にこだわって自分珈琲を美味しくしよう
自分で挽いてもっと美味しく
自分で焙煎することで珈琲を美味しくしよう
コーヒーのツールもこだわる

UNIFLAME
コーヒーバネット
Melita
アロマフィルター
HARIO
ウォータードリッパー・ポタ
HARIO
ウォータードリッバー・クリア
BRIEL
エスプレッソメーカー


〜  自珈亭で使ってみて良質の香味を引き出したものだけを販売 厳選コーヒードリッパー販売 〜
コーヒーのドリップにこだわって、コーヒーライフをステップアップ コーヒーのドリップにこだわって、コーヒーライフをステップアップ 

ドリッバーを選ぶことやそれぞれの違いを知ることだって、ステップアップの一つなんです 
自分好みの香味に淹れるために、ドリップを調整・ドリッバーを選択するのがまた楽しいのです 


三種の大きく異なるドリップ方法で遊ぶ。
『ペーパードリップ』『高圧エスプレッソ』『水出しダッチコーヒー』
ホットコーヒーはどうやって淹れていますか?多くの方は「コーヒーメーカー」だと、お答えになるのではないでしょうか。全てのコーヒーメーカーが充分でないとは言わないまでも、まずはこの文明の利器から離れることをステップアップとして、「コーヒーのほんとの香味」を感じてみてください。

お豆が同じでも
 ・選択したドリップ方法
 ・お豆の量
 ・お豆の挽き具合
 ・焙煎されてからの日々の香味変化
 ・お湯の温度
 ・蒸らし具合
 ・ドリップスピード
 ・お水の性質
このどの要素だけでも香味に変化がつきますし、手馴れてくると意図的にコントロールすることが可能なのです。変化に富む自分珈琲の香味創り。いろいろと試して、またコーヒーのスキルのステップアップをして、そう貴方だけの

  〜ほんとの自分珈琲〜 の魅了の世界へ・・・
                 どうぞいらっしゃい§^-^§


美味しいペーパードリップ

自分の手でコーヒーをドリップしてみる。
珈琲の最高の瞬間と言われる淹れている最中に立ち昇る香りは、手間暇をかけて淹れたドリッパーに対する、コーヒー豆からのお礼なのでしょうか。

丁寧なドリップは、珈琲の雑味が抽出されるのを防いでくれたり、意図的に飲みたい香味の珈琲に調整することまでも可能にします。でも、同じお豆でさえも、なかなか同じ香味でドリップさせてくれないコーヒーの難しさも、逆に珈琲の楽しさや奥深さを感じさせてくれるものです。

また、コーヒーの飲み方や、焙煎の出来栄えに応じて特長を活かせるドリップ方法を選択してみるのも、コーヒーの楽しみが増えるものです。どんなに頑張ってもペーパードリップでは作り出せない、濃厚なコーヒーを高圧力で抽出するエスプレッソメーカー。そして何時間もかけて、熱を加えずに淹れるダッチコーヒー(水出しコーヒー)の点滴ドリップ。イブリックなどの特色の強い抽出方法でなくとも、日ごろ私たちが飲みなれているコーヒーが、丁寧に淹れることでがらりとその香味を高品位なものに変えてしまう。そのような実態があるのです。

何が優れているといるということはありません。
あなたの好みのコーヒーが淹れられるのはどの方式ですか?今日のあなたは、どんなコーヒーレシピをされるのですか?

その時々にあわせて、そして飲み方にあわせて最高の淹れ方をチョイスされると良いと思います。

自珈亭自身も、
「美味しいと思ったコーヒーと淹れ方が違っていたから、そして間違っていたからあの香味が出なかったのか」
と気が付くまで、意外と時間がかかったものです。皆さんも、パッと言われたからって、そう簡単に信じられないかもしれませんね。

フィルターにパチッとついたコーヒーの壁
新鮮なコーヒー豆と正しい淹れ方が生み出す、
フィールターに張り付く、コーヒーの壁


ドリップを愉しむ方に、焙煎の楽しみを・・・
自珈亭 コーヒー生豆のメニュー
コーヒー生豆の選択
コーヒー生豆を
香味から選ぶ
コーヒー生豆を
飲み方で選ぶ
コーヒー生豆を
産地から選ぶ
自分コーヒーの推奨と、コーヒー作りの楽しさ
自珈亭の
生豆のこだわり
生豆でコーヒーを
買う優位性
生豆から珈琲を
作ってみる
欠点豆の
ハンドピック
フェアトレード
コーヒー

大人気の究極のフィルター!!
ゴールドフィルターを
cores(コレス)から再び

大人気を博したコーヒー鑑定士も使用する究極の香味抽出フィルター、ゴールドフィルターをコレスブランドで再び販売開始!!

●● 自珈亭コミュニケーション ●●
コーヒーの焙煎をして楽しもう フェイスブックサイトです!! 自珈亭ブログコーヒーあれこれ、横浜あれこれのブログです(^^)/




ここでは自珈亭が、丁寧なドリップをおすすめする背景をご紹介していきます

全ての香味の基本となる、新鮮なお好みの高品質コーヒー豆があってのことですが、
ドリッパーの選択は「そのコーヒー豆の持ち味をどれだけ引き出してくれるかが鍵」となります。
「このドリッパーだから美味しい」 のではなく、
「このドリッパーが、このお豆の私好みの香味をきちんと抽出してくれる」
というのが正しい解釈だと自珈亭は考えます。

  
  * 器具の種別によって、香味の特徴が異なることを知る
  * 同じ種別のドリッパーでも、それぞれに特徴があることを知る(例えば・・・)
  * 器具が同じでも、挽き方、お湯の温度、ドリップスピードで香味は変わる
  * ご家庭で頻繁に飲むコーヒーだから、手間と香味のパフォーマンスにこだわる
  * 時と場合によっては、嫌な香味を隠すためのドリッパーの選択もある
  * 色々な器具を使って、アレンジコーヒーを楽しむ
 
 淹れ方の違いでも、今までの珈琲ライフにはなかった、未知の世界が広がるのです。 



●ペーパードリップの方法
●高圧式エスプレッソメーカーによるドリップ方法


●ペーパードリッパーによる香味比較実験

●メリタの新製品「アロマフィルター」の実力テスト
●セラミックスフィルターの香味実力実験
●ペーパーフィルターの比較と金属フィルターの実力テスト
●現地で買ったベトナムコーヒーをドリップしてみました♪

ご家庭で使われている、各種ドリッパーのご紹介
ご家庭で使われる
ドリッパー(抽出器)
(★は、お勧め度)
内 容 長 所  短 所 お勧め
挽き具合
ペーパードリップ

香味のよさで大反響「コーヒーバネット」

由緒あるドリップ器具「メリタ式ドリッパー」

★★★★★
自珈亭取扱商品
ドイツのメリタ式に歴史は始まり、カリタ式やKONO式などが登場した、非常にポピュラーなドリッパーです。

自珈亭では、それぞれのドリッパーの特徴確認を行い、二種のドリッパーを扱っています。

次の項目で挙げる「ネルドリップ」に極めて近い素直なドリップが可能な外壁が遮へいされないペーパードリッパー『コーヒーバネット』がネット上で噂が広まりブレイクしたのは、自珈亭がルーツなのです。
この方式は、加熱による化学変化が少ないので、コーヒーのうまみや個性を引き出せるといわれるドリップ方式に区分されます。

ペーパーフィルターを使用することで、手軽かつ衛生的で片付けるのが楽であることも魅力です。

また器具本体が安価なのも魅力です。

冷めやすい、または多量の抽出だと熱にさらされる時間が多くなるなど、淹れる人数が少ない程、他の抽出方法との優位性があると考えられます。
中細

粗挽


幅広い
煎り方に対応
ネルドリップ


 ★★★
ネルの布をフィルターとして抽出する、18世紀に考案されたドリップの元祖であり、かつ究極の香味を抽出するドリップ方法といわれています。

淹れるコーヒーの香味の要素が全てが抽出されることが、究極のドリップといわれる所以です。


 
誰もが疑わない、本格的コーヒードリップ方法。

コーヒー豆の素性のよさが活きる、香味のよさ。

フィルターの周囲に、隔壁がないことから、効率よくガス抜き、コーヒー抽出ができるといわれています。
ネルの洗浄、保管、なじませなどに、とても手間がかかります。

常時湿ったネル布の衛生管理が大変であること。

その他は、ペーパードリップに、似た短所があります。

 
中細

粗挽


幅広い
煎り方に対応
セラミックフィルター
テスト結果をお伝えしています

 ×
巷でも、ネット上でも噂が絶えない陶器製のセラミックフィルター。
●水質改善
●まろやかさが出る
●ペーパーフィルターのゴミ削減
がセールスポイント

実験選択の横濱 自珈亭から、テスト結果をお届けします。
 
検証テストの結果からの長所は以下の通りです。

●ペーパーフィルターが不要
●趣がある

セラミック
フィルター実力判定

毎度の使い終わってのメンテナンスに、とても手間がかかります。

少し使わないと、以前使用した時の匂いが残ってしまいます。

ドリップスピードがその日によって違う、「ご機嫌性」が高く、安定したコーヒーが楽しめません

 

当店では、お勧めしていません
サイフォン

ガラス製のフラスコとロートの上下構造で蒸気圧にてバキュームする方法で、コーヒーを抽出する器具です。

コーヒーの抽出過程がつぶさに観れるため、視覚的に楽しんだり、喫茶店の抽出演出として盛んに用いられた抽出方法です。
 
抽出温度もお湯のバキュームも器具によるものなので、人による抽出技術の差が出にくい点。

香り、味だけでなく、視覚的にもコーヒーを楽しめる点が魅力です。
抽出の仕組み上、高温抽出になってしまう点や、コーヒー濾過層効果がないという面で、優れた香味を追求するには不向きです。

また、片づけが大変な上に、最もよく洗わなければならないロートが破損しやすい形状をしている。またこれが、高価であることです。
中挽


幅広い
煎り方に対応
プレス式
または
メリオール

★★
紅茶用のプレスと同様の構造で、コーヒーの粉を漬け込むことにより抽出する器具です。実は、この器具は紅茶ではなく、コーヒーを抽出するために開発された器具であることは、意外にも知られていない事です。

原理的には、サイフォンに似た抽出器具で、最近では扱いが手軽そうに感じることから、人気が出ているようです。
 
抽出に使用する器具が少なくて済み、コンパクトで、とても手軽そうに感じる点。また、手ごろな価格から販売されている点。

実は、粉をパッと入れ、軽くお湯を注ぎ蒸らした後、極めてそっとお湯を注ぎます。抽出に要する時間は、ペーパーフィルターと大きな差がありません。
抽出の仕組み上、コーヒー濾過層効果がないという面で、優れた香味を追求するには不向きです。

また、器具の濾過能力によっては、、粉っぽいコーヒーが出来上がってしまいますので、その性能を見極めて購入する必要があります。

ベッタリと器具の底に残る粉のおかげで、片付けに思わぬ戸惑いが生じます。
中細

粗挽


幅広い
煎り方に対応
電気式
コーヒーメーカー


コーヒーミルと一緒のものなど、こだわりのマシンから、とても安価な単機能モデルまで、数え切れないほど沢山のコーヒーメーカーが売られています。

現時点では、ご家庭用コーヒー抽出器具として、恐らくもっとも普及しているものと思われます。
 
水と粉(豆)さえ仕掛ければ、全て自動で抽出してくれる手軽さ。

お手入れについても、気配りされている機種が多いです。
一般的には、高温抽出となりすぎる点。機種によっては、コーヒー濾過層を破壊してしまう注湯をしてしまう。注湯スピードがうまくコントロールされないなど、香味にこだわる方には、満足できない点が多いです。
中細

粗挽


やや
浅煎

中深煎向き
エスプレッソメーカー
直火式


★★
コンロとこの器具だけで、エスプレッソ的「濃縮コーヒー」を楽しめます。

蒸気圧で湯をバキューム通過させ抽出しますが、何度も同じ液を通過させる仕組み。サイフォンと、下記に説明するパーコレーターの方式を掛け合わせたような仕組みで抽出します。

イタリアのご家庭で飲まれるコーヒーに、この器具は良く使われているそうです。彼らはこのコーヒーをエスプレッソではなく「カフェ」と呼びます。
 
手軽な価格の器具と、手軽なサイズと仕組みの器具で、お湯を沸かす感覚で、簡単にエスプレッソの雰囲気が楽しめる点。

フォームドミルクをたっぷり加えて、ラテやカフェモカなどを愉しむのには、ある意味満足できるかと思われます。
本格的エスプレッソならではのクレマ(表面に浮かぶ細かい泡)や、香味を損なわない、ストレートのエスプレッソコーヒーを楽しむのには、物足りません。

それは、加熱の時間が長すぎるたり、何度も抽出液がコーヒーを通過するために、雑味が出たりするからで、すっきりとしてかつ濃厚な、本来のエスプレッソの香味を抽出するのには、得てとしていない構造からくるものです。
中細


深煎
向き
エスプレッソメーカー
高圧ポンプ抽出

高圧式エスプレッソメーカー ファーストクラス
★★★★★
自珈亭取扱商品
生産終了しました
細かく挽いたコーヒーの粉に、一気にお湯を通過させ、短時間のうちに高濃度のコーヒーを抽出する器具です。

クレマという、独特の細かい泡が表面に浮かぶ、味わい深いエスプレッソコーヒーが抽出できます。これに、フォームドミルクを加えてカプチーノやラテを楽しんだり、チョコレートシロップを加えてカフェモカなどにアレンジしたり、高濃度を利用してカフェ・オ・レにアレンジしたりと多彩なコーヒーライフを演出します。
 
何よりも、香味を崩さずに、高濃度のコーヒーを抽出できることが魅力です。

作業工程を覚えると思ったよりも簡単に、しかもコーヒーメーカーよりもはるかに短時間でコーヒーの抽出が可能です。

後片付けも、作業工程を覚えると、それほど手間取りません。
器具の価格が少々高額であること。一度に淹れられる杯数が少ないこと。

器具の取り扱いに多少の慣れが必要(どの器具でも同じですが)。

器具によって、淹れるカップの大きさが限定されること。
中細

細挽


中深煎|
深煎
向き
ウォータードリッパー
(水出しコーヒー)

自珈亭お勧め大人気ウォータードリッパー「ポタ」
★★★★★
自珈亭取扱商品
オランダ人が考案したと伝えられ、別名「ダッチコーヒー」としても有名なドリップ方法です。

一滴ずつゆっくりと落としていくその様子は趣があって、淹れ終わったコーヒーの香味を想像しながら楽しみに眺めたりもしてしまいます。

ドリップに加熱をしないため、香味成分が崩れい優れた点と、抽出液にカフェインが出にくく、カフェインレスコーヒーとしても、広く知れ渡っています。
香味に影響を与えるといわれる「加熱」をしないでコーヒー液を抽出ことから、ダッチコーヒーならではの素直な香味が楽しめます。淹れてからの時間による香味変化がほとんどないのも、このドリップの他にはない特長です。

香り高いアイスコーヒーや、加熱による即席ホットコーヒーも美味。喫茶店でも、アイスコーヒーとして提供しているお店を多く見かけることができます。
 
点滴抽出のため、淹れるのに時間がかかる点。

器具も大きくなりがちで、一般家庭向きてない商品も、多数見受けられます。

また、複雑な形状のガラスや調節弁などを多用するため、器具の価格が少々高額になってしまいます。
中細

やや粗


中深煎|
深煎
向き
パーコレーター


アメリカでかなり昔から使われてきた、伝統あるコーヒー抽出器具です。

蒸気圧でお湯を吸い上げ、コーヒー粉のはいったバスケットに、何度も同じお湯(抽出液)を通過させて抽出する方式。

日本では、抽出の手間をかけずにすむため、キャンプ用品として多く販売されています。
 
抽出のセッティングが楽で、抽出中に面倒をかけずにすむという点。

火力と、お湯の通過時間、そして粉の量を管理するだけでOK。

器具もそれほどお金をかけずに、そろえられます。
何度もお湯とコーヒー液が粉を通過するため、抽出オーバー気味となる点。

また、抽出液の濃度を抽出中に確認できないため、こつを覚えるのに時間を要する点。

高温抽出による香味の変化。そしてバスケットの濾過能力が足りない上に、沸騰による抽出液の暴れにより、コーヒー粉っぽくなり濁るなど、こだわりのコーヒーには不向きな器具です。
中細

粗挽


幅広い
煎り方に対応
イブリック



★★
個性がすごく強い
コーヒーを粉にして抽出することを発明したした国であるトルコにて使われ始めた伝統ある抽出器具。この方法で淹れられたコーヒーは、ターキッシュコーヒーとも言わます。

このイブリックという器具は、トルコでは「シャズベ」と呼ばれ、コーヒー粉とお砂糖と水を入れて、弱火で煮出してそのまま飲みます。
 
ダイレクトに煮出すため、濃厚でかつ苦味が強くなります。デミタスカップに注ぎ、粉成分を沈め、上澄みを飲む伝統と赴きを感じます。

器具の形状などもマニア心をくすぐります

他にはない、個性的なコーヒーの香味を楽しめることでしょう。
個性的な超高濃度な香味、粉っぽさが好みでない方にはお勧めできません。

ただ、煮出したコーヒーをフィルターで濾したりして楽しむ方法もあります。
中細

極細


中深煎

深煎り
向き
ベトナム式



代用が効きます
その名の通り、ベトナムで飲まれているコーヒーの淹れ方です。

飲み方が独特で、コンデンスミルクにより甘みづけと、ミルク・クリームの調合を行います。

細かく挽いた粉にお湯を注ぎ、一杯分のコーヒーを抽出するのが多くの方法。最近流行の、ソロフィルターとも通ずる部分を持つ抽出器具です。
 
手順さえ覚えれば、比較的簡単に取り扱うことが可能です。器具も安価に手に入ります。

異国情緒あふれるアジアンテイストな雰囲気は、なかなかなものです。ベトナムは、有数のロブスター種産地なので、これもブレンドすると、より雰囲気がでてくるかもしれませんね。
特にこの器具で抽出する理由がないという点。決め手は、バターでローストしたロブスター種のコーヒー豆。これを、濃く淹れ、コンデンスミルクで割れば、ベトナムコーヒーの香味が出来上がります。

高圧エスプレッソメーカーで淹れたコーヒーに、コンデンスミルクを合わせるのも、オツでよろしいかと思いますよ。
中細

極細


中深煎

深煎り
向き



水出しコーヒードリッパー、2種類からお選びください
ウォータードリッパーポタ 水出しコーヒーの最高峰 本格的な点滴ドリップを
水出しコーヒーのダッチコーヒーで、コーヒーのひと時を。。。
目覚めの「チン」で、即席ホットコーヒーでも楽しめちゃうのです
水出しコーヒーポット グランデ 手軽に水出しコーヒーを
水出しコーヒーを簡単便利器具でリーズナブルに・・・ 自珈亭独自の淹れ方のご紹介付き。点滴ドリッパーに近づこう


ガラスのコーヒーサーバーを2種 ガラスのコーヒーサーバー
を2種4品ご用意
適切なハンドドリップに欠かせないツールにコーヒーサーバーがあります。
デザイン性に富むお品と、機能性に優れたお品を2品種ご用意いたしました


 自珈亭人気ナンバー1
サーバーと同時にドリッパーも最高美味のものをどう
専用器具は必要ない!!
 急冷却アイスコーヒーはこう淹れる
急冷却アイスコーヒーは、ホットコーヒーと同じ器具で


自珈亭がお奨めするご家庭のためのドリッパー販売

ご自身で選ぶコーヒー生豆から美味しく

ご自身で選ぶ生豆からも美味しくしよう
ご自分でコーヒーを焙煎していただくことを推奨する自珈亭。こうするのにはどのような理由があるのでしょうか。結果としてコーヒー生豆で購入していただくコーヒー豆の利点は、いつも煎りたての珈琲が飲めるということだけでなく、その他にももたくさんの長所を持っているのです


●ペーパードリップの方法
●高圧式エスプレッソメーカーによるドリップ方法


●ペーパードリッパーによる香味比較実験

●メリタの新製品「アロマフィルター」の実力テスト
●セラミックスフィルターの香味実力実験
●ペーパーフィルターの比較と金属フィルターの実力テスト
●現地で買ったベトナムコーヒーをドリップしてみました♪

 ページの先頭に戻る


自珈亭のトップページに戻る


●● 自珈亭コミュニケーション ●●
コーヒーの焙煎をして楽しもう フェイスブックサイトです!! 自珈亭ブログコーヒーあれこれ、横浜あれこれのブログです(^^)/

 =自珈亭WEB本店=  商取引の法律に基づく表示  お買物方法  Produced by 自こう亭坊然
著作権:自珈亭のホームページに掲載、または掲載されていた文章・画像・映像の全ては、自珈亭に帰属しています。無断転載・転用を固くお断りいたします
文字サイズを小に設定すると、行組みがきれいに見えます Sorry, only Japanease Site. Copyright(c)2002-2015 Jikohtei. All rights reserved.