コーヒー焙煎指導と生豆通販 〜横濱 自珈亭〜
家庭焙煎コーヒー 自珈亭のTOPページ
サイトマップへ
お買物はこちら⇒ 焙煎・ローストする 生豆を選ぶ 挽く・グラインドする 淹れる・ドリップする ちょっとよい小道具
お買物方法


ありがとうございます。本製品は生産終了となりました。

自分で焙煎した最高の珈琲をエスプレッソしてみたい 本場欧州から高圧マシンを輸入
プロも認めたエスプレッソメーカー ポルトES16JW-F
自珈亭はBRIELの正規販売特約店です
〜 バールのようなエスプレッソを実現するために、高圧力を選択 〜





普段飲んだことのある外食時の珈琲。そして、自分で焙煎した高品質スペシャリティコーヒーを使用した珈琲の味。この差はいったいなんなのだろうか。そう感じた日から、コーヒーへの探究心は膨らみます。

外で飲むカフェのエスプレッソと、自分珈琲で淹れたエスプレッソにも差がでるのだろうか。そう感じたならば、飲んでみるしかありません。エスプレッソメーカーも直火ポット式のエスプレッソメーカーと電気式のエスプレッソメーカーがあります。本格バール(カフェ)のエスプレッソは、直火式レベルの低圧力ではやはり無理。だから、自珈亭は高圧力抽出のマシンを選択。微細挽きの粉でもキチンと抽出、そして十分なクレマ(espresso coffeeの表面に浮かぶ細かい泡)を生み出してくれる、そんなマシンを実際に比較してみてから選定いたしました。

さらに家庭焙煎をする皆さまの為の自珈亭の選択ポイントは、
  『 自分で挽いた粉≠ナ最も美味しく淹れられること 』
日経TRENDY 2003年1月号でも、02年日本バリスタチャンピオンの横山氏のテストによる各社エスプレッソメーカーの香味・クレマ・使用感横比較で粉淹れ≠ニスチームの使用感≠ナ最も高い評価をもらったBRIEL(ブリエル)℃ミの、ポルトを取り扱うことにいたしました。
〔比較対象メーカー: デロンギ/ブリエル/サエコ/スターバックス/ネスレ〕

もちろん選択のポイントは「本格的なエスプレッソができること」。
 * エスプレッソ持ち前の珈琲のコクの高圧抽出
 * 細かくあわ立つクレマ(珈琲の表面に浮かぶ細かい泡)
 * カプチーノ・ラテが楽しめるミルクフォームがきちんと作れること
しかも出来合いのポッド≠ナはなく、自分で焙煎した自分珈琲で美味しく淹れられることができるエスプレッソメーカーであることです。


販売情報
     ES16JW   
商品名 エスプレッソメーカー
ポルト ES16JW-F (本体カラー ホワイト)
     

自珈亭 販売価格
 \17,640(税・送料込)

プレミアム会員特典あり商品
送料の目安

80サイズ
宅配便にて 送料無料でお届けしちゃいます
【ご連絡】 他の商品とご一緒にご注文いただいた場合、同梱発送により送料が安価になる場合があります。買い物カゴシステムでは自動計算されます。その他のご注文方法の場合は、ご注文後入金先と同時に正式の送料を自珈亭よりご連絡いたします。
仕様
内容・材質
本体・コーヒープレス・計量スプーン :ABS樹脂
水タンク :メタクリル樹脂
フィルターホルダー :アルミダイキャスト
クレママスター :ステンレススチール
ポッドフィルター :ステンレススチール
電源・消費電力 100V   1200W 
ポンプ圧力 14気圧  実行9気圧抽出
2カップ同時ドリップ可能
タンク容量 1500ml
本体重量 3.0s(付属品含まず)
原産国 ポルトガル
サイズ
幅175mm 奥行き210mm 高さ 305mm  
コーヒープレス(タンパー直径 52mm) 
メーカー保証 保証期間はお買い上げの日から1年間
故障が発生した場合は、メーカーさまのサポートで安心です。
  (株)三栄コーポレーション 家庭用品部
  フリーダイヤル 0120-313030 (土日祝日を除く平日)
   9:30〜12:00 13:00〜16:30

クレマフィルターなど、ある程度の消耗品についてもこちらの窓口で対応してくれます。 


マルチプロ ES200J−AF
        Brielエスプレッソメーカーの 
    フラッグシップモデルもご覧いただけます。
        日本への輸入は終了しました。


     マルチプロ  ES200J−AF


自動抽出ストップ/カップヒーター/堅牢ステンレスを用いた
業務用(バール)の雰囲気満点のモデルです

自珈亭は
欧州コーヒー器具トップブランド
BRIEL社 正規販売特約店でした




マシンテスト時の状況をご報告
エスプレッソを実際に淹れてみます

ポルトの天面
左脇の線部が開いて注水口が表れます
創業時より自珈亭で取り扱っている臼式グラインダーも実はBRIEL製です。

弟分のファーストクラスとの比較では、
 水の投入口が本体に上部に装備ドリップ中の注水が可能、
 ポッド用フィルターの付属
 ドリップ受けの形状がワイドでかつ、着脱洗浄が容易
 スイッチ・レバーの大型堅牢化
と、使い込むほどに感じる「あれば便利」が反映されています。。


分解掃除できる部分です。上から
 *本体
 *フィルターホルダー
   <淹れ終った粉をポンと落とすときのフィルター落ち止め付>
 *コーヒープレス(タンパー)
 *クレマフィルター
 *スチームノズル
 *計量スプーン
 *ドリップトレー
 *水タンク(写っていません)
がはずせて、洗うことが出来ます。




ミルクフォームを作るスチームの噴出し口は、ミルクに直接付けるのです。
脱着してスチームノズルを洗えるので衛生的です。

たまに、漂白殺菌するととても衛生的です。
グラインダー(ミル)で粉を挽き、クレマフィルターに入れます。
珈琲プレス(タンパー)を使い、粉の上部を程よい力で押さえて(タンピング)から、フィルターフォルダーにフィルターを装着します。

キュッと丁寧なタンピングが、美味しいエスプレッソを実現します。
タンパーは、別売りのマニアックなものも良いですね。ご自分の握りと、押し方に合わせたタンパーの選択も、マニアックでよいですよ♪



フィルターホルダーを、本体に装着し、マシンの電源を投入します。
いよいよという感じですね。

しばらく経つと前面に付いた適温ランプが点灯します。
(左写真の緑色のLED部分)
抽出スイッチを入れると抽出されます。14気圧の強力なポンプ圧力で珈琲の旨み成分を抽出します。

抽出は、2カップまで同時抽出できます。
注意点は、カップの高さです。この画像のカップの高さは6.6cmでギリギリです。小ぶりなカップが必要になります。


とてもきれいで消えにくいクレマ(表面の泡)が出来ています。やはりエスプレッソには、これがないとですよね(o^v^o)

横山氏の評価も高かった部分です。
納得!!



ミルクをあわ立てています。
冷たいミルクも、熱い蒸気により熱くなります。
そして、ファーッと牛乳の表面に泡が膨らんでくると出来上がりです。

このミルクフォームの性能評価もデロンギをしのいでいたブリエル。
注目の14気圧。あっという間にフォームを仕上げるパワーを持っていました。


きめ細かなふんわりフォームには満足です。

このカップではカフェ・モカを作りました。
こっちのカップで完成したのはカプチーノ。
いかがですか?

焦げ臭いカプチーノを飲みつけている人にはこれもカルチャーショック。
浅煎りでもなんでも、それはすばらしい香りがするんです。

出来上がりの
香味評価
香り、薫り、コク、旨み成分がよく抽出されていると関心しました。また、クレマもとてもきれいにでていて、十二分に機能を果たしていました。満足!!

自分珈琲の
     ワンポイント

実は、フレンチやイタリアンのローストではない珈琲も淹れてみました。予想に反してとても美味しいものです。シティローストのコーヒー豆でも、とても美味。濃くても苦味だけが抽出されちゃうこともなく香り高い珈琲が淹れられますよ。
抽出量をコントロールすれば、うんと濃くも抽出出来ますので、焦げ臭さのない未経験のエスプレッソの世界ものぞいてみてはどうですか?


マシンの活用は、一方法にとどまりません。落としたエスプレッソを、氷の中に注ぎ、一かき混ぜ。解けた氷を取り除きながら、新しい氷の入ったグラスに注げば、すごーく香り高いアイスコーヒーが出来上がります。

自珈亭からの
    ひと言
ブリエルは、初心者向きとの声がよく聞かれますが、電気式高圧タイプに初心者も上級者もありません。マシンの実態は、どのメーカーであろうとも高圧力で密度の高い珈琲を搾り出す機械です。より上質なクレマを作り出せるフィルター性能と、湯量のバランス。これが、結果的に香味のバランスにも効いて来ます。そして、フォームドミルクの出来栄え。そしてコストパフォーマンス。家庭で愉しむ珈琲ライフを提案する自珈亭は、このように考えるのです。

さて、メンテナンスについてちょっと。
給水ホースから、熱湯が出る排水口までの間は、洗う手段がありません。頻繁に稼動させたほうが衛生的には有利かと思われます。しばらく放置したマシンについてメーカーの説明書上では、水だけを通す作業をする旨記載されています。


ご注意 ◆小ぶりのカップが必要になります(高さ6.6cm未満)  




●ペーパードリップの方法
●高圧式エスプレッソメーカーによるドリップ方法


●ペーパードリッパーによる香味比較実験

●メリタの新製品「アロマフィルター」の実力テスト
●セラミックスフィルターの香味実力実験
●ペーパーフィルターの比較と金属フィルターの実力テスト

自分珈琲を創り出す
手焼き家庭焙煎の魅力
をご存知ですか?

ご自身で焙煎して
ほんとの自分珈琲を
ステップアップしましょう


●● 自珈亭コミュニケーション ●●
コーヒーの焙煎をして楽しもう フェイスブックサイトです!! 自珈亭ブログコーヒーあれこれ、横浜あれこれのブログです(^^)/


 ドリップのTOPに戻る

自珈亭のTOPに戻る

コーヒー焙煎指導と生豆通販 〜横濱 自珈亭〜 家庭焙煎通信教育とコーヒー器具販売
 =自珈亭WEB本店= 自珈亭Yahooショッピング店 商取引の法律に基づく表示  お買物方法  Produced by 自こう亭坊然
著作権:自珈亭のホームページに掲載、または掲載されていた文章・画像・映像の全ては、自珈亭に帰属しています。無断転載・転用を固くお断りいたします
文字サイズを小に設定すると、行組みがきれいに見えます Sorry, only Japanease Site. Copyright(c)2002-2016 Jikohtei. All rights reserved.